FC2ブログ

だぐ が居る。

アメショ猫 だぐ と茶トラ猫みんの漫画のようなもの。

運命の日 40

20120110-1.jpg





20120110-3.jpg





20120110-4.jpg





20120110-2.jpg

つづく。







☆ ご覧いただきありがとうございます。よろしかったら押して下さい。☆

br_decobanner_20100328143951 ランキング






関連記事
スポンサーサイト



14 Comments

DC says..."★ 茶々のおかん 様"
いつもありがとうございます。
ついにここまで来ましたね~。
大変長らくお待たせいたしました。
実際 私が だぐと出会ってから飼うまでの時間はとても長かったですし、その当日もなかなか決断が出せずにいた訳ですが、いざ決心しましたら まるで便秘が治ったみたいにスッキリとした気持ちになりましたっけ。

茶々クンもそうですが、猫の目って本当に綺麗ですよね~。
この絵は結構前に描いたものですが、なんとか綺麗に描けないか と思ってちょっと苦労したものです。
本当は 目の周りの模様も少し描いてたのですが、なんだか邪魔に思えたので消しました。
まだまだ本物の綺麗さには追いつきませんね~e-263
2012.01.13 00:06 | URL | #- [edit]
DC says..."★ ぴ 様"
いつも ありがとうございます。
ハイ!もう「ブレ」は無いですよ~。
一度決心したら もう後戻りは無しです。
後は連れて帰って一生面倒みるだけです。
世の中 そんな当たり前の事が出来なくて 途中でほっぽり出したり 虐待したり、、そんな事を平気でするヤツが居るわけです。
動物に悲しい思いをさせるって言うのは 1動物が00%信じるしかない飼い主が そういう行為をする事なんじゃないかな~と思うわけです。

よくよく考えると 猫のスポンサーは息子なので、息子が父とすれば、その母の私は祖母??
つまり おねーちゃんどころか バーサンなのでは???はっはっは~
2012.01.12 23:48 | URL | #- [edit]
DC says..."★ toki 様"
いつもありがとうございます。
toki様、こてクンも とんクンも とっても幸せな猫さん達ですよ~。
確かに 子育てはいろいろ悩むところがあって、試行錯誤な毎日ですし、
日々の暮らしも 喜怒哀楽のオンパレードで、楽しい事ばかりとは限らないです。
でも そんな何気ない日常の繰り返しが 一番大事な事だと思うんですよ。
それを 維持して行く事、、そんな当たり前の事が出来ないと動物達は 悲しむ事になると思うのです。
動物が 何も考えずにぐっすり眠れる事は 幸せな証しだと思います。
こてクンも とんクンもtoki様の所に居られて 本当に良かったな~って思います。
2012.01.12 23:33 | URL | #- [edit]
DC says..."★ おぷく 様"
いつもありがとうございます。
やっとここまで来ました。
おぷく様の所も 御家族の承諾や 仕事明けの用品の買出しなど りぃるクンを家に迎えるまで、いろんな過程があったんですね。
ショップでも あまり大事にされてない様だったと言う事でしたし、とにかく りぃるクンは おぷく様に出会えた事はラッキーでしたね。
私も猫を家に連れて帰る時は 嬉しさのあまり かえってぼ~~っとしてた様な記憶があります。
感謝は 私たち人間の方じゃないかな~。。
猫が来てくれて 本当に家の中の雰囲気がほんわかになった様に思います。
私も 前に感じていた漠然とした不安感みたいのが 猫が居る事でいつの間にか感じられなくなっていました。
猫の癒し効果って大きいな~って思います。
2012.01.12 23:12 | URL | #- [edit]
DC says..."★ haru 様"
うふふ、、やっとここまで来ましたね~。
いや~、書くの長かったぁ~~。
haru様なんてあんなに手の込んだ絵を描いて 長く続けてらっしゃるので、ホント尊敬してしまいます。
私は ヘタな上に 手が遅いので、なかなか自分の思い通りに進まなくて まったく困ったもんですよe-263

haru様の所の 猫さんも犬さんも 幸せに暮らしてるんだと思いますよ。
やっぱり 動物の寝顔って正直だって言うか、スキだらけで のへ~~って寝ているのを見ると、
お気楽に暮らしてるんだな~って思えるので、まぁ、それでいいんじゃないかな~と思います。
動物の本当の悲しい思いって言うのは そういうなんでもない日常が壊された時ではないかな~と思うのでした。
2012.01.12 17:38 | URL | #- [edit]
茶々のおかん says..."No title"
おおー!やったー☆☆☆
ついに、「一緒に帰ろう」その言葉が~(゚▽^*)ノ)
ホント、色々悩んで悩んで
覚悟を決めての結論でしたね~。
やっとだく君が新しい家族に(≧▽≦)
そしてまた、最後はリアルなお目目で(゚Д゚)
すごくキレイ…(゜o゜)



2012.01.12 17:35 | URL | #- [edit]
DC says..."★ non☆(@'ω'@)たん"
いつもありがとうございます。

そうなんですよね。
まるで我が子の様に かけがえのない存在になってしまいますね。
そんな猫との生活を楽しんで行きたいですよね♪

あの猫の目の絵は だぐを飼って間もなくのあたりに描いた物なんです。
ちょっと改造して 使い回ししてしまいました(笑)
じっと見る猫の目の感じが出ればな~と思ったのですが、、はたして??
2012.01.12 15:41 | URL | #- [edit]
DC says..."★ あびぃ♪ 様"
いつもありがとうございます。

私も 猫を飼うのは本当に何十年ぶりの事で、最初は手間取りましたよ~。
むか~しは 猫は ほとんど放し飼いで、もっと野性的な印象がありましたが、
今は 完全室内飼いで 猫との距離も近く まるで人間の子供の様に手助けしなければ 猫も人間も快適には暮らせない訳です。
そうと言っても やはり猫ですから 人間の思い通りになんて絶対にならないですから、あびぃ♪様のように 私も猫との程良い距離感を攫むのが なかなか大変でした。
今でも 気持ちのすれ違いを感じる事は多々ありますが、なんとなく慣れてきた と言うか まぁこんなもんか~、、なんてお互い妥協し合ってる様な感じです。
それでも 猫が居る事によって 毎日楽しく暮らせているので、このまま こんな日常がずっと続いてくれたらいいな~って思います。
あびぃ♪様も 大介クンが元気になって 猫との生活を存分に楽しめる日が早くくればいいな~と思います。
2012.01.12 15:36 | URL | #- [edit]
ぴ says..."No title"
よし!
そこまで考えた結果なら 「ブレ」もないですよねぇ~
今の時代 なんでも ブレブレだから。。。だめだめ××
・・・・だぐちゃんのおかあさんでなくて おねえちゃんでもいいかもぉ~(^O^)/
2012.01.11 19:08 | URL | #- [edit]
toki says..."No title"
そぅ。。子育ては悲しい思いをさせてはいけない・・
という覚悟が必要なんですよね。。
今の世の中・・どれだけの人が覚悟を持ってるんでしょう。。
・・はぁ。。わが身を振り返ってタメ息がでちゃいますわん。。
こてつには悲しい思いをさせてるような気がするし・・
とんもうちに来なければ良かったんじゃないかとか・・
あれこれ今でも思うワタシ。。

・・あぁ。。でも子育てとはこうやってあれこれ思うモノなんですよね~

・・とあれこれ思うワタシの横でぐぅすか寝てるお猫サマ。。
幸せそぅに見えるので・・まっ・・いぃですゎね^^
2012.01.11 17:07 | URL | #- [edit]
opuku says..."No title"
うーん。家につれて帰れるようになってよかったねえ。
うちのキューピット役が、映画のグーグーだったし、
同居しているから 下の意向も大事だし パパさんのOKが出るまで
時間はかからなかった分、ショップに行って買う予約して
それから、徹夜で仕事をして寝ずに猫用品買いに行った記憶あるよ。
連れて帰るときはほんとうれしかったなあって…
やっとこれで窮屈な扱いされなくてすむもんね。
愛情いっぱいだぐ君に注いでもらえるし
だぐ君よかったね。一目ぼれしてくれたお兄ちゃんとママさんに
感謝かな?感謝はこっちかな?
2012.01.11 16:29 | URL | #- [edit]
haru says..."No title"
よかったよかった!
これで無事に家族になれたんだね~。

うちは猫には寂しい思いはさせてないけど、犬には寂しい思いを…。
させてるような気もするけど、自己主張は犬のほうがすごいから、あんまり寂しくないのか。。笑
2匹の寝顔をみてると「いいなーこいつら」と思う位だから、うちの2匹はそれなりに幸せなんだろうか。
……なんてね。
2012.01.11 16:19 | URL | #- [edit]
non☆(@'ω'@)たん says..."No title"
愛猫は我が子ですもんね(*´ェ`*)
お猫様の瞳綺麗ですねぇ~
2012.01.11 12:54 | URL | #- [edit]
あびぃ♪ says..."楽しく♪"
猫を一人で飼うのが初めてだった私にとって、
お互いの距離やルールを作るのが大変でした。
猫のマニュアル本の通りににはならない、
良かれと思った事が大介には受け入れられない。
私の嫌がる事をわざとする。
お互いに、これは嫌、これは好きを探し当てて
適度な距離と快適に過ごすルールを二人で作りました。

今は「楽しく暮らしていこう!」と私は思っています。(^-^)
2012.01.11 08:52 | URL | #a656uEcc [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuminyanko.blog28.fc2.com/tb.php/77-27a86cb4
該当の記事は見つかりませんでした。