FC2ブログ

だぐ が居る。

アメショ猫 だぐ と茶トラ猫みんの漫画のようなもの。

理由

20111104-1.jpg




20111104-2.jpg




20111104-3.jpg




20111104-4.jpg


つづく。






☆ 少し前のだぐ

110920_0754~01だぐ

今日は写真が撮れなかったので、9月のだぐです。
高いラックの上に登って得意顔です♪





☆ よろしかったら押してね ☆

br_decobanner_20100328143951 ランキング





関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

DC says..."★ イケテナイオヤジ様"
こんにちは。
いつもありがとうございます。

動物を飼ってる限り いつか必ず死が訪れるのはまちがいない事ですから、
それを直視し、受け入れなければならない覚悟は飼い主には必要なんだ と思います。
でも、実際それは とても悲しい事ですし、耐え難い事と容易に想像付く事なので、
覚悟する事にも目をそらしたい様な気になるんじゃないかな~ と思います。
でも、それは飼い主の心の都合であって、
肝心なのは、最期の日が来るまでに、
いかに動物により良い生涯を送ってもらえるか と言う事を常に考えながら、
一日一日を大事に暮らして行く事だと思うんです。
、、と言っても
実際その日が来たら、おそらく後悔しても仕切れない様な気持ちになるでしょうが、
そんな中でも 動物に 少しは「幸せだったかも、、」と
思ってもらえたらいいな、、と思います。
2011.11.05 16:39 | URL | #- [edit]
イケテナイオヤジ says...""
こんばんはオヤジです
なるほど一理ある・・・
オアジは動物(哺乳類)飼ったのが今回初めてで経験ないけど
人間が死ぬのを見るもはツライ・・・
でも生きているあいだは家族の一員として
凄くお互いの心に残ります
猫側から見ても 仲間の猫が死んだら同じ思いをするもの
人間の勝手で哀願動物となった猫
猫の本当の幸せ改めて考えさせられますネ!
でもカワイイから好きです
2011.11.04 22:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kuminyanko.blog28.fc2.com/tb.php/24-52a0e509
該当の記事は見つかりませんでした。